目の下のたるみは手術でスッキリな目元に~若い目元を手に入れる~

笑顔

たるんだ目元の皮膚

涙袋に見える目の下のたるみ

女性

目の下にたるみがあると、周りから老けて見られがちです。そのため、美容外科で取り除かなくてはなりません。目元のたるみを除去したい場合は、美容外科で行われている脱脂術と呼ばれる手術を受ける必要があるのです。この脱脂術は目元のたるみをつくる脂肪を取り除きます。目の周りの脂肪と聞くと本当にあるのと疑ってしまいたくなりますが、実際に目の周りにも脂肪は存在するのです。しかし、体の脂肪のようにはっきり現れることが無いため、目元にたるみが出来ても脂肪ができたとは誰も疑うことはありません。特に目の下にできるたるみは涙袋と勘違いされることが多いため、取る必要がないと思われがちなのです。しかし、この涙袋が目のたるみに繋がります。そのため、脱脂術と呼ばれる手術を受ける必要があるのですが、美容外科に来院する人の中には、手術を苦手としている人が存在します。その時は脱脂術を受けるのではなく、引き締め効果のある治療を受けましょう。しかし、その治療法は目の下のたるみが軽い人向けになるため、ボトックス注入を受けることが大事です。

紫外線対策は大事

目元のたるみは時にクマを作ります。そのたるみとクマは老化現象でもありますが、紫外線にあたりすぎの問題もあるのです。それを解決するには、日焼け止めを使用する事です。特に顔は紫外線が最も当たりやすい場所なので、尚更紫外線対策が必要になります。そのため、美容外科で脱脂術の手術を受けた後は、紫外線対策を行うようにしましょう。